なぜ検品は必要なのか

今や日本の産業において海外(主に中国や東南アジア諸国)へのアウトソーシングは一般的になっています。ただし、機械技術の進歩に伴い品質は年々向上して入るものの、国の文化や生活習慣、労働への価値観の差異などさまざまな要因から、まだまだ国産製品と比較すれば品質管理などの面で劣る部分が多々あることは否めません。そこで、品質維持のために大切になってくるのが「検品」です。

検品で回避できるリスク

検品で回避できるリスク

昨今、検品は以前よりもさらに重要度が増してきたと言えます。インターネット・SNSの普及により、製品不良やパッケージへの虫の混入などがあった場合、ただのクレームだけに留まらないことも起こり得ます。悪評の広がり方は以前とは比べ物にならず、「本来は売れない製品」が市場に出回ることで企業の評判を著しくおとしめることにもなりかねないのです。

また、最近はネットショップの利用者も増えています。消費者は店頭で手に取れないため、色ムラがある、型抜きズレがあるなどの不良品がもし市場に出回ったとしてもそれを避けて買うことができません。届いたときに初めて不良品だと気づくことになるため、トラブルに発展しやすくなります。

このような事態を防ぐためには小売店(販売者)のものへ製品が届く前に、十分なチェックをする必要があります。検品は、企業の信頼を守るため、そして、消費者の方にきちんとした製品を届けご満足いただくために必須の工程なのです。

緊急の検品・アセンブリなら、集荷から配送までまとめて承るイマオサービスにお任せ!納期のご相談もお気軽にどうぞ! お見積もりのご相談・お問い合わせはこちらから

Pagetop

Tel: 0120-75-2239  受付時間9:00-18:00  定休日土・日・祝日 ※検品作業は土日祝も行います。 メールは24時間受付 メールでのお問い合わせ